アトリエマカロンへようこそ


by macaronamacarona
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ニットにワンポイント

昨年、吸い寄せられるように講習会に参加させて頂いた折に、ブックマークもお願い
したマレ先生の所で作成した、きらきらモチーフを、初めてニットに付けてみました。
当て布をしてアイロンで押さえる事、数十秒、マイニットの出来上がりです。
e0168920_23241869.jpg

シール状の透明シートに自分でデザインを描いて、その上にビーズを乗せていくので、
刺繍の場合は、針の出所によって、モチーフを正確に保つ事が難しい私でも、時間さえ
かければ、ほとんど歪まずに空間を埋めていくことができます。細かい作業に憧れはある
ものの、かなり苦手という矛盾した私にも、出来るクラフトが世の中にはまだまだあって、
一つづつ試していく事はとても楽しいです。粘土で作る前に参考にさせて頂こうと、
きちんと本来の作り方に挑戦しているものがあります。なるべく早く完成させて、写真を
アップしたいと思います。Sさん、もう完成しましたか~?ツーショット写真、撮らせて
下さいね!
[PR]
by macaronamacarona | 2010-04-29 23:53 | アレンジ

5月の講習会作品

講習会のお問い合わせを下さった皆様、ありがとうございます。
5月はウェルカムボード風にコルクボードのに蘭のお花を飾りたいと思います。
e0168920_11401455.jpg
e0168920_11402517.jpg


講習日 5月21日(金), 5月26日(水) いずれも10:00 - 12:00です。
ご連絡は macaronaflavor@yahoo.co.jp まで、お願い致します。生協さんの
会員さんはいつも通り、お電話、FAX、メールにて承ります。

花びらの枚数が少なくカーブの多い蘭は、形が安定するまで少しお世話が必要ですが、
華やかで素敵です。樹脂粘土は今までにも登場しておりましたが、今回違った手法で
作ります。初めての方も、ご経験されていらっしゃる方も、楽しんで頂けたらと思います。
見本の写真のお花は時間内でできる最小限の数になっております。下側にも、蘭のお花を
入れて頂くお時間があると思いますので、是非3厘に挑戦なさって下さい。
少し脇役のお花も欲しいので、小花を添えてみました。広告では紫色でご案内させて頂いて
おりますが、お好みで真っ白の小花もかわいいです。こちらのお花はサイズが小さいので
乾燥しにくい軽量粘土を使用します。当日色のご希望をお聞きしますので、メインのお花が
済んでからお選び下さい。ご参加お待ちしております。
[PR]
by macaronamacarona | 2010-04-17 12:04 | クレイクラフト

おみやげ

巷で流行のパンストラップをご存じですか?おみやげに頂きました。
e0168920_190829.jpg

大好きで、いくつか持っているのですが、何故か私のところには目鼻のついた物が当たら
ないのです。見た目良し、柔らかい感触がまた良し。食玩も好きですが、持ち歩けるので
更にポイントが高いです。Kさん、どうもありがとう!
[PR]
by macaronamacarona | 2010-04-16 19:00 | スイーツ
1月の講習会の作品のご希望を頂き、久しぶりにKさんが来て下さいました。アップの
写真では、何故か青いイチゴの色が実物と違ってしまいましたが、どうぞご覧下さい。
e0168920_13525587.jpg
e0168920_1353580.jpg

トレイのサイズは19cmx11cm、コーナーに小さくアレンジがまとまっていながらも
粘土も数種類、技も色々とつまっており、幾つか作品を作って頂いた方にも楽しく作って
頂ける課題です。パーツひとつひとつがとても綺麗に仕上がって、アレンジも高さの
バランスが良く素敵です。お忙しいと思いますが、次回をお待ちしております!

トレイの在庫がございますので、講習をご希望の方はどうぞご連絡ください。お待ちして
おります。
[PR]
by macaronamacarona | 2010-04-15 14:10 | クレイクラフト

観葉植物

とても時間がかかってようやく完成した観葉植物です。ちょうど一年前、樹脂粘土の
多肉植物を扱いましたが、これは葉を大小で作り、ワイヤーの茎をつけ束ねたもので
ミニサイズですが、普段作っている花の作り方に近いです。
e0168920_12453719.jpg

茶のテープでまとめつつ巻き、その上をエナメル線で巻いてあります。時間がかかったのは
花器の方で、オーブン粘土を使ってアジサイのレリーフを付け、花の部分だけ薄くブルーを
塗って焼きました。絵の具は以前ご紹介した、〇キテックス社の焼付け用絵の具です。
私は、土の部分には軽量粘土の茶を使いましたが、代わりにドリップ後のコーヒー豆を干して
使ったり、ジオラマ用のシーナリーパウダー(砂より軽く、多分安価です)、お香を削って
使う事も出来ます。どれも良い感じに土に見えてお勧めです。
[PR]
by macaronamacarona | 2010-04-08 13:11 | ミニチュア