アトリエマカロンへようこそ


by macaronamacarona
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

おまけのその後

アイシングが乾きました。
e0168920_12334380.jpg

実はピンクと山吹色も試したのですが、なんだか透明感がいまひとつで、思い切って
ボツにしました(泣)。以前作った時は、なかなか良い具合に淡く色づいたお砂糖っぽく
見えて美味しそうだったのですが。絵の具の分量の加減が難しいです。目標はク〇スピー
ク〇ームドーナツの、待っている列でお店の方から配って頂ける、温かいグレーズドの
あの見た目です。修行してまた戻ってきます。
[PR]
by macaronamacarona | 2010-05-31 12:45 | ミニチュア

おまけ

樹脂粘土は分厚く作ると中まで乾くのに日数がかかります。本日講習会前に仕上げた
クリームサンドクッキーです。この状態で再び乾燥させてから、アイシングをかけたいと
思います。スイーツ作りも大好きなので、一部工程を準備しておき、講習会で使えないか
思案中です。
e0168920_2234944.jpg

何かに固定させるのも楽しいですが、バッグチャームにするのも楽しそうです。
[PR]
by macaronamacarona | 2010-05-26 22:43 | ミニチュア

続・5月の講習会作品

今日は朝からお天気が心配でしたが、講習会が終わるまでなんとかもってくれて
良かったです。気温が低く、湿度があるときは粘土の渇きが悪いので、メインのお花で
使用している樹脂粘土は扱いづらかったのですが、今日もとても綺麗なお花が咲きました。

先週に続いてご参加下さったKさまの作品から紹介させて頂きます。今回は小花を白に
されました。とてもフォルムが綺麗ですね!アレンジも立体的で素敵です。
e0168920_22162850.jpg

e0168920_22164390.jpg


続いてNさまの作品です。いつもとても細部まで綺麗に仕上げられのですが、写真では
分かりにくいのですが、花びらに付けた溝とカール具合がとてもよい感じで、ボンドの
湿気に負けて花びらが倒れてしまわないように、写真ではラップのクッションを敷いて
おりますが、お花の開き具合もとても綺麗です。今日もアレンジがとても楽しみで凝視して
しまいました!
e0168920_22204674.jpg

e0168920_2221573.jpg


お二人ともとても綺麗にまとめられて、ブートニアに仕上げても素敵になりそうですね。
形をお世話しながら保つのは大変なのですが、樹脂粘土ならではの透明感は魅力的です。
是非また、メインのお花で登場させてみたいと思います。
[PR]
by macaronamacarona | 2010-05-26 22:32 | クレイクラフト

5月の講習会作品

今日は初めてメインで樹脂粘土のお花を扱ってみました。お揃いの型抜きをして組んで
頂くのですが、皆さんが、添える小花の色を紫を選ばれました。濃さが違うと、全然
雰囲気が違い、それぞれに素敵でした。まずは永久会員Iさんの作品から。
e0168920_144999.jpg

e0168920_1336939.jpg

蘭のお花一つ一つのヒラヒラ具合がとても綺麗です。濃い目の紫色の小花がアクセントに
なってかわいらしくまとまりましたね!
次は同じく永久会員Yさんの作品。
e0168920_1341205.jpg

e0168920_13414547.jpg

お花もアレンジもとても綺麗です。蘭のお花はみなさん同じ色ですが、紫が優しい
淡い色で、Yさんらしい色調の作品です。
もうお一人、K様がいらっしゃって、いつものようにサクサク美しく仕上げていかれ
ました。プレゼントになさるそうで、着かれてからフレームに付けられるそうです。
お写真がないのですが、お花の厚みがちょうど良く、お持ち帰りになられる時には
すっかり形が決まっていらしたので、新幹線に乗られても大丈夫だと思います!どうぞ
お気を付けて、楽しいお時間を過ごされて下さいね。
[PR]
by macaronamacarona | 2010-05-21 13:56 | クレイクラフト

ちりめんの金魚

ちりめん細工の金魚を教えて頂きました。以前少し触れたのですが、理想は左側の
Sさんのポ〇ョみたいな、かわいいでめきんだったのですが、何故か右側の私のは
フナみたいなシルエットになってしまいました。なんだか無理にでめきんの目を
つけたような・・・(涙)。
e0168920_14193153.jpg

布は裏から仕上がりが見えずに縫う上、ひっくり返すとさらにシルエットがかわり、
私には上手に仕上げるのが難しい手芸材料です。でも、布独特の柔らかさと温かみに
加えて、柄が無数にあり、とても楽しい素材でもあります。

e0168920_14293589.jpg

こちらはcoco mama先生に教えて頂いた、カルトナージュの引き出しつきの箱です。
レシピを見ての準備段階では、一体どこから攻めるの?!と思ったのですが、指導
して頂くと、基本はなるほど箱で、組み立てていくのがとても楽しかったです。
レシピにはどこの部分に使うものか書いて下さってあるのですが、組み立て前に
仕上がったときの布使いが頭の中で描けず、とても無難にまとめてしまったので、
次回、面の多い作品にはもう少し柄や色に変化をつけたいと思います。
[PR]
by macaronamacarona | 2010-05-19 14:51 | 布小物

涼しそうな花

今、別の仕事が忙しく ‘粘土触りたい病’ にかかっています。もうすぐ出かけるので
時間が無いと言うのに、どうしても作ってみたくて、デルフィニウムを一厘だけ!
e0168920_10534668.jpg

中心部はもっと凝ってみる事も出来るのですが、似顔絵のように、粘土の場合も
どこまでを再現して、どこを省けるかというラインがあるように思います。この花びらの
質感には透明感が欲しいので、樹脂粘土が向いていますね。思えば粘土では色は自由な
はずなのに、青い花は扱っていないと気がつきました。とても涼しげなので、暑い
シーズンに課題に取り入れてみたいと思います。
[PR]
by macaronamacarona | 2010-05-17 11:03 | クレイクラフト

6月の講習会作品

今月はカゴに触発されて、すぐにデザインが決まりました。今までで一番ナチュラルテイスト
の作品になりました。一重のバラは淡いグリーンで、白い縁取りを入れました。木苺には
赤と紫の絵の具をご用意致しますので、お好みの熟し加減になさって下さい。
e0168920_14283196.jpg


木苺にお時間がかかると思いますので、見本では8つ配してありますが、実が多いほど
かわいさがアップ致しますので、是非沢山作られて飾って下さい。
日程は、①6月17日(木) ②6月23日(水) いずれも10:00 ~ 12:00です。各日6名様
までご参加頂けます。ご連絡をお待ちしております。
[PR]
by macaronamacarona | 2010-05-16 14:34 | クレイクラフト

試作その後

昨日の続きです。今年度は是非真っ白なクリームで飾ってみたいので、初めて購入した
メーカーの軽量粘土を搾り出し袋にセットして使ってみました。以前、スイーツを製作
される方から、某社のホ〇ップタイプの粘土は乾燥後、痩せるのでミニチュアでないと
質感がツライかも、と見せて頂いて後、パッケージをすっかり忘れてしまい(汗)暫く
購入を控えておりました。私が以前購入した事のある物は、とても固かったのですが、
今回の商品はとてもよい感じです!
e0168920_12593131.jpg

クリームを搾り出して一日たち、指で押しても大丈夫なのでニスも塗ってみましたが
合格です!良い出会いがあって良かったです。ちなみにケーキが乗っているトレイは
クリームサンドクッキーを乗せてみました。少しカットフルーツを散らしています。
[PR]
by macaronamacarona | 2010-05-11 13:10 | クレイクラフト

試作をはじめました

週末、お花を作られる方なら是非!というウワサの吉祥寺のジュ〇アンさんへ初めて
資材を見に行って参りました。もともとバスケットが好きで夏に向けて沢山店頭に
並びますので、この時期になると、つい何か粘土で添えてみたくなってしまいます。
そんなわけで今年も購入、来月の講習会で早速使う予定です。
e0168920_12154971.jpg

今年は既に木苺が浮かんでいたので、製作し始めたところ、10粒作った時点で
1時間半が過ぎてしまいました(汗)。一つの木苺につぶつぶが20個以上必要なので
これでは講習会の時間内で間に合いません。本番までに工夫してみます。
e0168920_12195422.jpg

粘土を出したついでに、やはりケーキをデコりたかったので、まとめて土台を
作りました。スイーツの飾りつけはお好きな方がいらっしゃると思うので、こちらも
いずれ講習会で登場させたいと思います。
[PR]
by macaronamacarona | 2010-05-10 12:32 | クレイクラフト

本日の収穫

珍しく最新の話題です。日本ホビーショーに行って参りました。
今年は入場した途端、スイーツのブースが誘惑します。〇ジコさんでは、まだ販売
未定の、小さ過ぎない魅力的なイチゴやチョコのシリコン型を展示されていらして
欲しくなってしまいました。でも、我慢して自力で作ることにしようと自分を説得。

講習では一番に行くと決めていた、フェ〇トハウスさんのかわうそ先生の所へ直行しました。
e0168920_1417519.jpg

それはそれは沢山のフェルトの型紙を扱われています。残念ながらブログは無くなって
しまったそうですが、広島弁でお話される、とてもかわいらしい先生でした。
ネットでしかお目にかかれない作品がブースに並んでおり、かわいいもののお好きな方
にお勧めです。こちらでは、シート状のフェルトを使用します。一番の魅力は型紙の
形です。イチゴの赤い部分は、縫う前のフェルトが一続きで(紙風船のように何枚か
合わさって出来ているのではなく)、イチゴに服を脱いでもらって糸を切ったらこんな風?
という感じなのです。型紙が起こせる方ってすごいですね。
[PR]
by macaronamacarona | 2010-05-06 14:46 | 羊毛フェルト